ソフトテニスのおすすめ情報

ソフトテニス(軟式テニス)用品と関連情報。

日本で生まれた大衆スポーツ!ソフトテニス
競技人口は多いのに、なぜかマイナーな
ソフトテニスにハマッテるあなたに有益な情報をお伝えします。

中学校の体育種目として揺るぎない地位を確保しているソフトテニス(軟式テニス)
滅多にTVなどで放送される事はありません。
しかし、あの人も、この人も「昔、軟式テニスをやっていた」という隠れソフトテニスプレーヤー。

やってる人は多いのにマイナー。誰でも知ってるのにマイナー
日本発祥のスポーツなのにマイナー

そんなソフトテニスをこよなく愛する方々へ
ソフトテニスの面白さや硬式テニスへ移行したいあなたにも役立つ情報満載!

【書籍】・・これから始める人、もっと上手くなりたい人、練習方法を探ってる人へ
ソフトテニス入門 すぐに役立つソフトテニス練習ドリル集(part 1(基本編)) すぐに役立つソフトテニス練習ドリル集(part 2(レベルアップ編)) 絶対!勝てる、うまくなるソフトテニス

ストロークラリーをやって、試合形式をやってるだけじゃあ上手くはなりません。
効果的な練習を積み重ねてこそ、明日の勝利があるのです。
ソフトテニスの練習方法など・・・・


NANO FORCE 8000    ソフトテニス用ストリング YONEX CSG550C   先着20名様送料サービス06秋冬NEWモデル軽くなって新登場!切り返しターンが速くなる渋めのブラ...   10ダース以上のご注文でネーム入れ無料サービス!送料・代引き手数料も無料です。アカエムボー...


●一流ソフトテニスプレーヤーの技術を盗みたい人・・・(動画が見れます)

ソフトテニス 新世代のヴィルトオーゾ
| sanday | ソフトテニスとは | 01:24 | comments(1) | - |
ソフトテニス(軟式庭球)のルーツ
【ソフトテニスの起源】

ソフトテニスは以前は軟式庭球(テニス)と呼んでいました。
1875年頃、初めて日本へテニス(硬式テニス)が紹介された当時、テニス用具が高価だった為、体育伝習所(後の東京高等師範学校で、現在の筑波大学)の教授だった坪井玄道(つぼい げんどう)が安価なドイツ製ゴムボールを代用して行う事を考案したのが起源と言われています。

【経緯】

ソフトテニスは日本で生まれた大衆スポーツであり、明治17年の発祥から既に120年を越える歴史をもつスポーツです。

ソフトテニスといえば一般的に日本とアジアの一部でしか行われていないと考えられがちですがアジアだけでなく、全世界に積極的な普及活動がおこなわれています。

1955年に日本・韓国・台湾の三カ国によって「アジア軟式庭球連盟」が設立され、同連盟により1956〜1973年に3カ国対抗によるアジア選手権が開催されました。
1972年にはアメリカ合衆国にも普及活動を開始。
1975年に日本、韓国、中華民国(台湾)、アメリカ、ベネズエラ、ブラジル、香港の7か国によって国際軟式庭球連盟が創立され、同年、第一回世界選手権がアメリカ合衆国ハワイ州にて開催されました。

1970年代後半には欧州およびアフリカ大陸(ザイール等)へも普及活動がスタート。
更には欧州各国への普及活動も開始(ドイツ、イタリア、フランス、チェコ、ハンガリー、オーストリア等)は21世紀に入って成果を見せ始めた。
現在は4年毎に開催される世界選手権も2003年で12回を数え、広島市で開催された第12回世界選手権には全大陸から30に及ぶの国と地域からの参加があった。

韓国、台湾以外のアジア諸国への普及も進んでおり、1998年には新生アジア選手権が名古屋で開催された。
1994年よりアジア地区のオリンピックであるアジア競技大会(ASIAN GAMES)の正式種目であり1990年北京大会には公開種目として参加している。

現在、日本国内での愛好者数は700万人ともいわれ、他のスポーツと比較しても競技人口は多いが、硬式テニスに比べ、マイナーなイメージは否めない。
| sanday | ソフトテニスの経緯 | 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
ソフトテニスのボール
軟式テニスのボールといえば、赤エム

軟式テニスボールには赤いMの文字がプリントされているものだと思っていました。

あの有名な赤エム昭和ゴムというメーカーが作っています。

明治19年の創業で、かの有名な赤エムボールは創業以来作り続けている看板商品だそうな。
赤エムボールの他にも各種工業用ゴム製品、ゴムライニング、ゴム成型品等を製造、販売、工業用のゴム防蝕製品や成型製品、さらには哺乳用乳首まで作ってる。(昔は黒エムというのもあった)

さて、現在ソフトテニスに使用するボールは、赤エムボールに象徴されるような白いゴムボールだけでなく、カラーボールも普及しています。(公式戦では使用できる色が決まっていますから注意しましょう)

 
| sanday | ソフトテニスのボール | 00:39 | comments(0) | trackbacks(0) |